任意売却で役立つ大切な情報をお届けします

依頼すること

仲介業者は複数に依頼しましょう

これまで不動産売却を行う場合には、地元で長期間商売を続けている不動産業者(以下「仲介業者」といいます。)に客付け活動を依頼して、あとはその仲介業者にお任せという形で不動産売却の手続きは行われてきました。 仲介業者と締結する媒介契約も、他の仲介業者に客付けを依頼することのできない「専任媒介契約」を締結させられることも多く、当該仲介業者にお任せする以外に不動産売却で売主としてできることはほとんどなかったというのが実情でした。 しかし、これでは専任で依頼した仲介業者の動き次第ではいつまで経っても不動産売却ができないため、売主にとっては早期に資産売却による換金ができないという悩ましい状況が起きることになります。

自分でも売却活動できるようになりました

そこで、今では客付活動を一社の仲介業者に依頼することなく、複数の仲介業者に依頼するのがスタンダードになりました(専任媒介契約ではなく、一般媒介契約であれば、所有者は複数の仲介業者に客付活動を依頼することができます)。この方法であれば、仲介業者間に競争が発生することになりますし、実力のない仲介業者はいつまでたっても仲介手数料を稼ぐことができないために、結果的に仲介業者の資質を向上させることに大きく役立っています。 しかも、インターネットが普及した現在では、売主自ら客付活動をすることも可能になりました。自分の不動産情報を物件検索サイト等に登録して、買主からの問い合わせを待つことができるようになったのです。自分で売却活動する流れは、今後も益々加速することでしょう。

↑ PAGE TOP